Scientific Reports

Dense and influential core promotion of daily viral information spread in political echo chambers

Kimitaka Asatani, Hiroko Yamano, Takeshi Sakaki & Ichiro Sakata

2021

Despite the intensive study of the viral spread of fake news in political echo chambers (ECs) on social networking services (SNSs), little is known regarding the underlying structure of the daily information spread in these ECs. Moreover, the effect of SNSs on opinion polarisation is still unclear in terms of pluralistic information access or selective exposure to opinions in an SNS. In this study, we confirmed the steady, highly independent nature of left- and right-leaning ECs, both of which are composed of approximately 250,000 users, from a year-long reply/retweet network of 42 million Japanese Twitter users. We found that both communities have similarly efficient information spreading networks with densely connected and core-periphery structures. Core nodes resonate in the early stages of information cascades, and unilaterally transmit information to peripheral nodes. Each EC has resonant core users who amplify and steadily spread information to a quarter of a million users. In addition, we confirmed the existence of extremely aggressive users of ECs who co-reply/retweet each other. The connection between these users and top influencers suggests that the extreme opinions of the former group affect the entire community through the top influencers.

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上の政治的エコーチェンバー(EC)におけるフェイクニュースのバイラル的な広がりに関する集中的な研究にもかかわらず、これらのECにおける日常的な情報拡散の基礎構造についてはほとんど知られていない。また,SNSが意見の分極化に及ぼす影響については,多元的な情報アクセスやSNS内の意見への選択的な接触という観点からは,まだ明らかになっていない。本研究では、日本のTwitterユーザー4200万人を対象とした1年間の返信・リツイートネットワークから、約25万人のユーザーで構成される左派と右派のECの安定した高い独立性を確認しました。その結果、両コミュニティは、高密度に接続されたコア・ペリフェラル構造を持つ、同様に効率的な情報拡散ネットワークを持つことがわかりました。コアノードは、情報カスケードの初期段階で共鳴し、周辺ノードに一方的に情報を発信する。各ECには共鳴するコアユーザーがいて、25万人のユーザーに情報を増幅し、着実に広めている。また、ECでは、お互いに共同返信やリツイートを行う極めて攻撃的なユーザーの存在が確認されました。これらのユーザーとトップインフルエンサーがつながっていることから、前者のグループの過激な意見が、トップインフルエンサーを通じてコミュニティ全体に影響を与えていると考えられる。